子育てプログラマの人生日記

子育てプログラマが子育て・転職・仕事などで感じたことをつらつら綴ります。

きみに決めた

ポケモンの映画最新作「きみにきめた」を見てきた。

周りの前評判が良かったのでかなり期待していったのだが、ポケモンファンとしては物足りなかった。

こんな否定的な日記をつけることを許してほしい。僕の真意は他にある。

 

前作の「ボルケニオンと機巧のマギアナ」が良すぎた

これに尽きる。

 

ボルケニオンと機巧のマギアナは、初代を彷彿とさせるサトシとツンデレボルケニオンとの出会い、ポケモンの愛、ボルケニオンの特性を活かした技の演出、メガポケモン達オールスターのバトルシーンなど、見どころがたくさんあり、非常に見応えがあった。

 

ストーリーも、子供向けといえばそれまでなのだが、王道のストーリーを極めつつ、ボルケニオンの人情味あふれるキャラクターは本当に感動した。

ポケモンは基本的にお涙頂戴で来るのだが、ボルケニオンの場合は、行動の動機にマギアナに対する愛があったので、彼の葛藤や決断にかなり納得をもって最後まで見ることができた。

あのボルケニオンのキャラクターがあったからこそ、ストーリーに全て説得力が生まれたのだろう。

 

悪役がゲンガーなのも最高だった。悪役に、彼(彼女?)以上の適任はいないだろう。

 

対してきみにきめたは、無理やり詰め込み過ぎていて感情移入出来なかった。

バイバイバタフリーは、テレビのサイクルだからこそ感動が深まるものだろう。

 

懐古厨のご機嫌を取るため、またはPokemonGoで参入・復帰したライト層に向けた映画に感じた。

小さい頃からずっとポケモンをプレイしてきた僕には、原点回帰といいつつ商業主義丸出しの映画に思えたのだ。

 

もし、機会があったら「ボルケニオンと機巧のマギアナ」を見てみてほしい。ポケモンファンでなくても楽しめるし、愛がいっぱい詰まった素晴らしい映画だと思う。

トイレトレーニング

次女がトイレトレーニングを始めた。

おまるにのっても全く上手くいかない。

そればかりか、オムツを脱ぎ、おまるから離れ、全てから解き放たれた状態で放尿するのがいいらしい。困った。オムツを無理やり履かせると癇癪を起こす。困った。

 

トイレにいるおじさんもおしっここぼしてるし、まぁ良しとするか。

ウルトラセブン

ぼくはモロボシダンになりたい。

勇気があって、優しさがあって、どんなときでも前を向いて諦めない。そしてつよい。

そんな男になりたいのだ。

 

セブンを見ていると、アンヌ隊員が可愛い。とにかく可愛い。アンヌ隊員の制服も格好いい。

 

wikipediaによれば、ウルトラマンウルトラセブン、ウルトラホーク(と、アンヌ隊員の制服)など数々の伝説的なデザインをこの世に残した成田亨氏は、

「新しいデザインは必ず単純な形をしている。人間は考えることができなくなると、ものを複雑にして堕落してゆく」

と言っているそうだ。痺れる。

僕の仕事は、単純なシステムを複雑にしてお客さんのために血反吐を吐く、そんな仕事だ。痺れない…。

 

大人たちはみんな堕落している。

いつもいつもいつもいつもいつも

そーばにいっるっからー!

ウルトラマンが好きなんです。

人間が知恵を振り絞って脅威に立ち向かう姿が素晴らしい。美しい。

怪獣はきっかけなんです。

どんなときも、理不尽に対して人々は成長し、自分の力で困難を乗り越えて行かなければならない。それをウルトラマンは教えてくれる。僕はこの作品を作った人たちが大好きだし、本当に尊敬している。

 

今、うちの課は課題や困難を強く感じているが、みんなこの課が大好きだ。ぼくは下っ端だけどなんとかしたい。

まずは僕たちはシステム開発を舐めてる上層部と、大量に連れて来られる中国の人たちと闘わなければならない。

なんでも2人日の仕事を2人でやれば、1日で終わるはずだそうだ。そんなばかな。カードゲームでも振り分け火力はそれなりのコストを払うはずだ。

 

俺が2人で走ると100mが10秒切れるのか。何なんだ。何を言ってるんだ俺は。

システム開発が失敗するのはクライアント側が絶対に、圧倒的に悪い

最近は、世の中的に無茶な要求をするクライアントが悪いという論調をそこかしこで目にする。

大抵はクライアントの無茶な仕様変更や追加要望が、ラーメンだとか建物とかに例えられているようだ。

一方で、マネジメントが悪いとか、顧客への説明が足りないのがという意見も目にする。

どちらも正しいと思う。
ただ、本質はそこじゃない。

クライアント(顧客)は口が悪いのだ。

本当に、人としての常識を疑うくらいコミニュケーションが取れない。話す気が起きなくなる。

こないだ本当にあったやり取りだ。

〜〜

顧「x月の購買履歴のデータが入ってないみたいなんですけど」

私「x月の購買履歴のデータは、お客様からの提供が遅れた為、先日お伝えしたとおり10日後に搭載予定です。その為、まだ入っていません」

顧「そうなんですか?そういうのちゃんとメールで送ってもらっていいですか?」

私「x/x付けのメールで送っておりますが…」

顧「え?そうなんですか?そういうの先に言ってほしいんですよね」

私「(?)私達の周知不足でご迷惑おかけして申し訳ありません。改めて、メールお送りさせていただきます」

顧「なんでこんなことになってるんですか?業務が回らないですよ。なんとかならないですか?今日までに追加してください。できませんか?頼みますよ」

私「通常業務に関わってくると思いますので、なるべく早めに追加できるように致します。ただ、データの準備に時間がかかりまして早くても2日程度お時…」

顧「無理!無理ですね。なんでそんなかかるんですか?おかしいですよね。前はもっと早くなかった?ていうかあなた昨日定時で帰ってましたよね。なんなんすか、舐めてるんですか?」

私「(?なんでさっきは頼んできたのに偉そうなんだろう)データはそのまま載せられなくて、一旦DBに取り込むために加工が必要になりまして、そのために…」

顧「まだ私喋ってますよね?前はもっと早くなかった?早かったですよね?今日の昼までに回答ください。いいですか?」

私「…承知しました、後ほどメールにて回答お送りします」

〜〜

かなり端折ったが、合間合間に余計な言った言わない問答を入れてくるため、賞味30分程度の電話が1日に1回かかってくる。月換算だと600分、1日以上電話に工数が取られるのだ。

「データ搭載されてると思ってた。申し訳ない。なんとかしてほしい」

この電話1本なら、1日早く納品できるのではないか。
よくもまぁ、30過ぎたいい大人が余計な手間暇をかけて他人を煽る言葉をポンポン思いつくものだ。

もっと本を読んではどうだろうか。
時間をかけて仕事相手を煽って何か良いことはあるのか、もう一度よく考えてほしい。

話を戻す。
こんな状況でクライアントへの説明も糞もあったものか。納期は縮まらない、無駄な時間はかけていられない。
モチベーションはゼロ、予算はカツカツ、早く言われたものを納品してグッバイするしかないだろう。

よく、プロジェクトマネージャーはシステムを知らない相手への教育もしていかないといけないとかなんとか
言われるが、彼にはどこから教えたら良いだろう。

きっと

「やられて嫌なことは人にしてはいけません」

とか、そういうところにまで立ち返らないといけない。

あなたは自分の時間をサービスしてまで、彼を相手にそれをやりたいだろうか。私はやりたくない。

結果、納品した後はその会社との取引はなくなり、この口の悪い顧客はまた別のシステム会社に発注するだろう。
そして、また同じような事が起きる。
彼の口の悪さ、コミニュケーション能力の低さは一生改善されることはない。

だから、クライアント側が悪いと私は思います。

管理職もしっかり勉強してください

前の日記であんまり批判的な事とかいうエネルギーがなくなってきたとか書いちゃったけど嘘だ。人は自分の言葉に責任を持たないといけないから正直に、誠実に、だれに言い訳するでもないけどこんな前書きから今回の日記を書く。

 

ちょっと今日は怒っているので言葉遣いが悪い。

タイトルには管理職と入れたけど、僕はIT系、ここからはマネージャーという言葉を使わせてもらう。

今の上司ははっきり言ってクソだ。

常に怒り狂っている。朝から怒ってる。どこでそんなに怒りをためてくるんだ。お前は家から会社に来るまでにいったい何があったんだ。

いろんなマネジメントとか働き方の本とか読むと、サーバントリーダーだとか、心理的なプレッシャーは良くないとかマルチタスクはクソだとか、裏付けが必要なやつはちゃんと大学の研究とか引用して丁寧にいろんなことが書いてある。

こんなのは序の口で、細かい話し方とか伝え方、コミュニケーションの事もいろいろ書いてある。大抵どの本にもどれもこれも似たようなことが書いてある。

だから、マネジメントを生業にする人にとってはこんなことは知ってて当たり前のことなんじゃないのか。

 

それなのに、40過ぎてまでこういったことが一個もできておらずパワハラばっかして上に立っちゃったアホが世の中には腐るほどいる。一個もできていないということはつまり数あるマネージャーの本を一冊も本を手に取ったことがないということだ。

おおかた、東洋経済とかYahooニュースとかの記事の都合の良いとこだけをくみ取って今まで来たのだろう。だから、人に嫌な事をしても自分は正しいと思ってる。東洋経済とかYahooニュースの記事はいいこと言ってるんだけどその本質はちゃんとわかる人にしかわからないし、そういうわかる人はすでに知っている事だからわざわざネットに記事を書かないでほしい。

パワハラ上司たちは困ったもので、

"部下に任せて~"は「部下には丸投げして育てろ」ととらえるし、

"能動的に仕事させるために~"は「無茶ぶり」の事だと思ってしまう。

"時には多少無理をいって~"とかいうのも、「スケジュールは多少無理して引いてもいいんだ」とかとらえてしまう。

”信頼関係を構築したうえで~”という前置きは抜けるし、小さな成功体験を積み重ねさせて、見守るのが大事とかそういうアフターケアも抜けてしまう。

 

そういうアホみたいな世界観で自己肯定感だけをあげながらいままで来ているから、そういう人たちを助長しないためにも東洋経済とかYahooニュースとかはもっと考えて記事を書いてほしい。

 

つかれた。

 

自分にはまだ部下はついていないけど、自分がやられて嫌な事は絶対部下にしないようにしようと思ってるし、若手を無駄にしごくのも絶対にやめるつもりでいる。

パワハラ上司たちは無駄なしごきではないと思っていると思うけど、句読点の位置とか印刷範囲がどうだとか赤入れして渡して着たり、議事録の細かい表現で揚げ足を取ったりするのは全部しごきだし時間の無駄だと思う。


そんなことする暇あったらCI環境整えてあなた達の大量の秘伝の手順書とクソコードの保守を自動化してほしい。

 

部下に文句を言う前に、本の一冊でも読んではどうか。

しかたないやいや

最近、色んな人のブログを読む。

GoogleNowがブログをどんどんオススメしてくるので、昔は全く読まなかった個人ブログばっか読むようになってしまった。

 

長時間労働はクソだとか、エンジニアのキャリアだとか、SIerはクソだとか、正しさハラスメントだとか、すごく共感する記事がある

。素敵だ。言いたいことを言ってくれてる。

 

昔なら批判とか不満とかそういう感情を、自分もぶちまけてたと思うけどしなくなった、エネルギーがなくなった。不思議だ。

 

結婚や子育てを経て、強制的に価値観を相対化させられる経験が自分を変えたのだろう。

 

どんどん許容できる範囲が広がっていき、何を見ても、みんな幸せそうでなによりだと思うようになった。

 

 

こういう考えに及んだのは、嫁の影響で見るようになったNHKの存在が大きい。

あれのやるドキュメンタリーはかなり内角を抉ってくる。飛び跳ねてる自閉症の人とか、街中で叫んでる精神疾患の人とか、粉ミルク事件で脳性麻痺を患ってしまった人とか、それぞれのドキュメンタリーをやってる。

 

正直、自分は最近までかなり幼児性が強かったのでそういったものを今までは押し付けがましいと思って目を背けていた。

そういう人たちに良い感情も持ってなかった。

でも、子育てをしてると自閉症の子とか、障害者の子とかもよく見かけたりして意識が変わってきた。

 

NHKを見てると、飛び跳ねてる自閉症の人はちゃんと思いを字で伝える事ができていたし、すぐに物事に集中できなかったりする事に悔しさを感じていたり、みんなの言葉遣いが子供に対するそれと同じなのを悲しく思っていたりする。それでいて、治す事が出来ないということも自覚している。

 

また、街中で叫んでる精神疾患の人は、自分には幻覚でヤバイやつが見えていて、それらから街の人を助けたくて叫んでいるのだという。

 

粉ミルク事件で脳性麻痺になってしまった人は、昔にお母さんが破いたであろう自分が健康だった頃の写真を見て泣いていた。脳性麻痺になった自分を嫌で破いたのか、自分が赤ちゃんだから破いたのか、もうお母さんは他界していて聞くことが出来ないそうだ。

 

こういうドキュメンタリーを目の当たりにしてくると、全ての事がちっぽけに見えてくる。

そこにはただ人が人としてあるだけで押し付けがましいもクソもなくて、そういうことを受け止めて正しくお互いを理解し合う世の中になればいいと思う。

そういうことを思ってると、そこまで全力で他人に対して負のエネルギーを発揮出来ないというか、なんか言い表せないけどそういうことができなくなった。

 

色んな思想とか、理想とか色々あるけど結局そこにはただみんなの生活があるだけで結果的に世の中はこうなってるから仕方ない。ただそれだけだ。

 

自分の上司がクソなのも、会社の人事方針なんだから仕方ない。

そんな上司のもとで俺がモチベーション低いのも仕方ないし、短い工期でバグが出るのも仕方ない。

そんなフラストレーションまみれの職場なのはうちの会社の方針だから仕方ない。こういうのが嫌で辞める人がいるのも仕方ない。

SIerが嫌でWebに人が転職するのも仕方ない。

 

何もかもが仕方ないんだから、みんな自分が好きなことを好きなようにやればいいと思う。

むりやり人を変えるエネルギーはもったいないし変わらない。

過去と他人は変えられないんだから。