子育てプログラマの人生日記

子育てプログラマが子育て・転職・仕事などで感じたことをつらつら綴ります。

しかたないやいや

最近、色んな人のブログを読む。

GoogleNowがブログをどんどんオススメしてくるので、昔は全く読まなかった個人ブログばっか読むようになってしまった。

 

長時間労働はクソだとか、エンジニアのキャリアだとか、SIerはクソだとか、正しさハラスメントだとか、すごく共感する記事がある

。素敵だ。言いたいことを言ってくれてる。

 

昔なら批判とか不満とかそういう感情を、自分もぶちまけてたと思うけどしなくなった、エネルギーがなくなった。不思議だ。

 

結婚や子育てを経て、強制的に価値観を相対化させられる経験が自分を変えたのだろう。

 

どんどん許容できる範囲が広がっていき、何を見ても、みんな幸せそうでなによりだと思うようになった。

 

 

こういう考えに及んだのは、嫁の影響で見るようになったNHKの存在が大きい。

あれのやるドキュメンタリーはかなり内角を抉ってくる。飛び跳ねてる自閉症の人とか、街中で叫んでる精神疾患の人とか、粉ミルク事件で脳性麻痺を患ってしまった人とか、それぞれのドキュメンタリーをやってる。

 

正直、自分は最近までかなり幼児性が強かったのでそういったものを今までは押し付けがましいと思って目を背けていた。

そういう人たちに良い感情も持ってなかった。

でも、子育てをしてると自閉症の子とか、障害者の子とかもよく見かけたりして意識が変わってきた。

 

NHKを見てると、飛び跳ねてる自閉症の人はちゃんと思いを字で伝える事ができていたし、すぐに物事に集中できなかったりする事に悔しさを感じていたり、みんなの言葉遣いが子供に対するそれと同じなのを悲しく思っていたりする。それでいて、治す事が出来ないということも自覚している。

 

また、街中で叫んでる精神疾患の人は、自分には幻覚でヤバイやつが見えていて、それらから街の人を助けたくて叫んでいるのだという。

 

粉ミルク事件で脳性麻痺になってしまった人は、昔にお母さんが破いたであろう自分が健康だった頃の写真を見て泣いていた。脳性麻痺になった自分を嫌で破いたのか、自分が赤ちゃんだから破いたのか、もうお母さんは他界していて聞くことが出来ないそうだ。

 

こういうドキュメンタリーを目の当たりにしてくると、全ての事がちっぽけに見えてくる。

そこにはただ人が人としてあるだけで押し付けがましいもクソもなくて、そういうことを受け止めて正しくお互いを理解し合う世の中になればいいと思う。

そういうことを思ってると、そこまで全力で他人に対して負のエネルギーを発揮出来ないというか、なんか言い表せないけどそういうことができなくなった。

 

色んな思想とか、理想とか色々あるけど結局そこにはただみんなの生活があるだけで結果的に世の中はこうなってるから仕方ない。ただそれだけだ。

 

自分の上司がクソなのも、会社の人事方針なんだから仕方ない。

そんな上司のもとで俺がモチベーション低いのも仕方ないし、短い工期でバグが出るのも仕方ない。

そんなフラストレーションまみれの職場なのはうちの会社の方針だから仕方ない。こういうのが嫌で辞める人がいるのも仕方ない。

SIerが嫌でWebに人が転職するのも仕方ない。

 

何もかもが仕方ないんだから、みんな自分が好きなことを好きなようにやればいいと思う。

むりやり人を変えるエネルギーはもったいないし変わらない。

過去と他人は変えられないんだから。