子育てプログラマの人生日記

子育てプログラマが子育て・転職・仕事などで感じたことをつらつら綴ります。

きみに決めた

ポケモンの映画最新作「きみにきめた」を見てきた。

周りの前評判が良かったのでかなり期待していったのだが、ポケモンファンとしては物足りなかった。

こんな否定的な日記をつけることを許してほしい。僕の真意は他にある。

 

前作の「ボルケニオンと機巧のマギアナ」が良すぎた

これに尽きる。

 

ボルケニオンと機巧のマギアナは、初代を彷彿とさせるサトシとツンデレボルケニオンとの出会い、ポケモンの愛、ボルケニオンの特性を活かした技の演出、メガポケモン達オールスターのバトルシーンなど、見どころがたくさんあり、非常に見応えがあった。

 

ストーリーも、子供向けといえばそれまでなのだが、王道のストーリーを極めつつ、ボルケニオンの人情味あふれるキャラクターは本当に感動した。

ポケモンは基本的にお涙頂戴で来るのだが、ボルケニオンの場合は、行動の動機にマギアナに対する愛があったので、彼の葛藤や決断にかなり納得をもって最後まで見ることができた。

あのボルケニオンのキャラクターがあったからこそ、ストーリーに全て説得力が生まれたのだろう。

 

悪役がゲンガーなのも最高だった。悪役に、彼(彼女?)以上の適任はいないだろう。

 

対してきみにきめたは、無理やり詰め込み過ぎていて感情移入出来なかった。

バイバイバタフリーは、テレビのサイクルだからこそ感動が深まるものだろう。

 

懐古厨のご機嫌を取るため、またはPokemonGoで参入・復帰したライト層に向けた映画に感じた。

小さい頃からずっとポケモンをプレイしてきた僕には、原点回帰といいつつ商業主義丸出しの映画に思えたのだ。

 

もし、機会があったら「ボルケニオンと機巧のマギアナ」を見てみてほしい。ポケモンファンでなくても楽しめるし、愛がいっぱい詰まった素晴らしい映画だと思う。